ブログ

トップブログ>九十九里片貝漁港 イワシの水揚げの様子
九十九里片貝漁港 イワシの水揚げの様子

12月23日 天皇誕生日  冬至も過ぎ、今日はとても寒い日でした。九十九里地方では今、イワシ漁が最盛期です。 獲れたての新鮮な「セグロイワシ」をお酢・ショウガ・胡麻・唐辛子などを使って作る「胡麻漬け」の季節なのです。この時期はお酢の販売量がイワシの漁獲量に大きく影響してきます。 獲れれば良いというのでもありません。イワシの大きさも重要で、小さくてもダメ、大きすぎてもあまり美味しくない、胡麻漬けに適した大きさのイワシがあがらないと困ってしまうのです。 今日は良いイワシがあがったと聞いたので、漁港に行って様子を見てきました。

DSC01370.JPG
くもり空で寒かった。
DSC01371.JPG
 大漁です。
DSC01374.JPG
 
DSC01375.JPG

セグロと呼ばれる所以は背中が黒いから。
大きいのは黒くない。

DSC01378.JPG

 トラックにあふれる程、積んでいきます。


2011.12.23  投稿者 yamanibiz (19:54) | PermaLink

TrackbackURL :